映画「ファミリー」1983年

学生のころに、友人がレンタルしたこの映画のビデオを、夜一人で鑑賞しました。あまりの感動に暗い部屋で涙を流したことを覚えています。日本語版では「ファミリー」、英語版では「Who will love my children?」という題名で、実話に基づいた話です。

自分の病気と子供達

自分の身体が乳がんに冒されて、余命いくばくも無いと知った女性。彼女は十人の子供の母親でした。死が近づくことを嘆くより、自分がいなくなればこの子たちはどうなるのだろう、との心配ばかり。そして彼女は、愛する自分の子供を託すに足るきちんとした里親を、生きている間に見つけられるように懸命に探し始める。小さな子供はすぐに引き取り手が見つかる、大きな子供も見つかる、最後に病気を持った子供の引き取り手が見つからない。苦悩する母親・・・。

本当に感動します。10年後くらいにDVDで持っておきたいという気持ちになり、検索しましたが日本では発売していないようでした。当時はリージョンfreeのDVDデッキを使用していたこともあり、海外のeBayよりDVDを購入しました。早速再生すると英語のみでした。なんとなくわかるのですが、10年前の感動は実感できませんでした。日本語版のDVDが発売されたら、すぐに購入します。

感想と薀蓄(うんちく)

終盤は癌末期の母親が、里親に預けた子供達の様子を見てまわります。少し流れがゆっくりになってしまいますが、トータルで私はこの映画がこれまで見た映画の中でもっとも感動しました。

この作品が強い共感をもたらす理由は、自分のことは脇において、自分の愛する人のために奮闘し続けることです。奮闘するのは簡単ですが、奮闘し続けるのは大変です。誰かのために一生懸命になる姿は美しいです。自分も誰かのために無心で頑張り続けてみようと決意しました。

追記です。画質は良くありませんが、youtubeで見れます!
いくつかのファイルに分けられており、全部見れるかは未確認です。

to 映画ノート
to HOME