映画「ファミリー・ウィークエンド」2013年

2013年公開のアメリカの映画です。16歳のエミリーは努力家で、縄跳び大会に情熱を燃やし、地方の大会で優勝します。ですが、家族に応援にくるものはいません。自宅に戻ると父親は自分の殻に籠り絵を描いています。母親は仕事に邁進、4人兄弟の他の3人はそれぞれ自分の興味に集中し、家族はバラバラの状態です。

普通の家族がほしい!

普通の家族がほしいエミリーは両親を薬入りのワインで眠らせ、拘束し改心を迫ります。兄弟と悪友の一人は初めは何となくですが、後半は乗り乗りで協力します。母親の仕事仲間、エミリーを慕う同級生、最後には悪友がネットで拘束事件として流したために警察が介入する事態になります。展開自体はドタバタのコメディーです。

最終段階では、父親が家族のための絵を作り上げていたことを母親が知り、警察に足止めされるエミリーに対して、家族で一致して、エミリーを次なる決勝大会に送り出します。両親が最終的には娘の切ない希望に気付き「ふつう」の家族になろうと決意するシーンが感動的です。

感想と薀蓄(うんちく)

コメディーが混じり、笑あり、ハッピーエンドの映画で安心して鑑賞できます。「ホーム・アローン」を見ているような安心した気分で見れます。時々映る美しい氷の風景はどこなのかと気になり、調べてみると、アメリカのミシガン州マコーム郡でした。冬はとても寒そうです。ハリウッドではないアメリカが映画の舞台になるとちょっと新鮮でした。

会社を維持するときも、家族を維持するときも同じで、組織を維持するためにはメインテナンスが必要と考えました。維持するための労力はその何倍にもなって自分に戻ってきます。この映画のhappy endが、それを教えてくれました。

to 映画ノート
to HOME