映画「コンスタンティン」2005年

2005年公開の映画で随分前に一度見ましたが、久しぶりに再度見ました。多くを忘れていたこともあり、楽しめました。自分が変わると映画の着眼点も変化して、新たな一面も感じることができました。映画の設定としては、天国と地獄の間に人間界が存在します。

天国と地獄、そして現世

天国・人間界・地獄の3つの世界があり、それぞれの住民は別の世界へは自由に移動はできません。しかし現実には、天使と人間、悪魔と人間の中間的な存在「ハーフブリード」が存在し、人間の中に混在しています。末期がんのジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)は、人間以外のものを見ることができる能力があり、悪さをするハーフブリードを退治する悪魔祓い(エクソシスト)をします。

地獄の王ルシファーの息子マモンが、人間界に入り込み支配しようと企てます。そのことに気付いたジョンがそれを阻止しようとします。圧倒的な力の差で、マモンが人間界に侵入しようとしたときに、ジョンは自殺を図ることによりルシファーを呼び出すことに成功します。そして息子マモンの企てを訴え(子供の悪さをチクルります)、マモンは地獄に戻されます。

感想と薀蓄(うんちく)

ジョンを支えたチャズ(死後に天使になります)を含む多くの友人が、当初は自己保身(ジョンが天国に行くための点数稼ぎ)、後半は人間界の正義のための戦いに命を落とします。宗教映画の分類になりますが、地獄のシーンは良く描けており、アクション要素あり、様々な人間模様のドラマ性もありました。現実ではない世界にも関わらず、自然な設定で楽しめました。

「お蔭様で」の意味をご存知でしょうか。現実の世界とは異なり、神仏などの目には見えない加護や助けによって、という意味があり、神様・仏様に対する謙虚な感謝の気持ちを含みます。ゲゲゲの鬼太郎の妖怪の世界だったり、この映画の天国・地獄の世界だったり、現実の世界とは異なる世界を想像すると、世界の広がりを空想できます。今回のように空想を楽しめたことは、とても遠くに旅行に行ったような不思議な気分を味わえました。

to 映画ノート
to HOME