映画「ALONE アローン」2016年

米海兵隊のスパイナーのマイクは、テロリスト暗殺の任務に失敗し敵地から逃れるために近くの村に向かいますが、砂漠の中で地雷を踏んでしまい、足を離せば爆発してしまうため、その場から一歩も動けなくなってしまいます。映画の英語名(原題)は「Mine 地雷」です。

あらすじ

米海兵隊のスパイナー(狙撃手)マイクとスポッター(観測手)のトミーは、北アフリカで危険なテロリストのリーダー暗殺の任務に就きます。しかし、マイクはその場が結婚式で、ターゲットの息子に気を取られて撃つのを躊躇い、暗殺に失敗し、二人は敵に発見され攻撃を受けます。

二人は攻撃を逃れるために近くの村に向かいますが、そこに向かう道には地雷が埋まった地雷原があり、トミーは地雷で両足を吹き飛ばされ瀕死の重傷を負います。トミーを助けようとしたマイクもまた地雷を踏んでしまい、足を離せば爆発してしまうため、その場から一歩も動けなくなってしまいます。マイクはトミーを叱咤激励して何とか助けようと知恵を絞ろうとしますが、トミーは自分の頭を拳銃で撃ち自殺してしまいます。

マイクは無線で友軍に救助を要請するが、激しい砂嵐のために救助隊を向かわせることが出来ないため、到着まで早くとも52時間はかかる、その前に限界が来たときは「足を離しても地雷が爆発しない確率・7%」に賭け、思い切って地雷から足を離なすシューマン作戦を実行しろ、と返答されます。

ネタばれ

動物に襲われ、幻覚に苦しみ、52時間をようやく迎える目処が経とうとしているときに、友軍の到着が遅れることを知らされます。暴力を振う父親、恋人のジェニーに同じく暴力をふるってしまう自分の幻覚に襲われます。この辺りが、幻覚と現実の区別が、本人にも視聴者にも付きにくくなります。最後に近くまで救出に来ている友軍に合図を送ることができず、耐えきれなくなりシューマン作戦を実行しますが、地雷は爆発しません。その地雷は水をくれたベルベル人の娘(地雷で死亡)が(過去に)空き缶に替えたものでした。

感想 ~極限状態での精神活動~

幻覚の中で、過去の父親とのトラウマが徐々に明らかになり、恋人とのわだかまりの原因を自覚するに至り、極限状態における自己の再認識という内容です。幻覚の後半はまどろっこしくて、あと15分くらいは短くして良かった。幻覚と現実がところどころ混ざっており、これが狙いだとは思うのですが、現実に戻ったときの「なんだよ~」という感情が、映画の雰囲気を台無しにしてしまいます。

助けを求めて友軍本部に連絡した際に本部の返事が「52時間は救出できない」というやや冷たい返事でしたが、米軍の他の映画ではもっとなんとかするようなイメージです。現実はこんなものなのでしょうか?戦争・戦闘映画は比較的好きですが、楽しめたのは初めの20分のみです。でも、ストーリーと設定は素晴らしく、極限状態の描写は気に入りました。エンディングもちょっとだけオチがあって御後がよろしい感じです。

ロケ地はスペイン・カナリア諸島フェルテベントゥラ島の砂漠です。昨年10月に人生で初めてUAEの砂漠に行きました。この映画とは何一つ関係ありませんが、映画の中の砂漠がとても懐かしく感じました!