映画「妖怪人間ベム」2012年

子供のころに熱中したアニメ「妖怪人間ベム」実写版の映画です。醜い体に正義の心を持って生まれたベム、ベラ、ベロは、「名前の無い男」との戦いで、「人間になること」よりも「人間を守って生きていくこと」を選び、あてのない旅に出ていました。しかし、旅の果てにたどりついたある街で、謎の怪事件に巻き込まれた3人は、かつてない最強の敵と衝撃の真実に直面することになる。

アニメ「妖怪人間ベム」

アニメ「妖怪人間ベム」(足立明さん原作)は1968年に開始となりました。オープニングのインパクトが半端ないです。「それは、いつ生まれたのか誰も知らない。暗い音の無い世界で、ひとつの細胞が分かれて増えていき、3つの生き物が生まれた。彼らは勿論人間ではない。また、動物でもない。だが、その醜い身体の中には正義の血が隠されているのだ。その生き物、それは、人間になれなかった妖怪人間である」。しびれます。時には人々に迫害され、また時には友情を育みながら、いつか人間になれる日を夢見て彼らは世に仇なす悪と戦い続けます。

新薬開発の犠牲者

怪異な姿に正義の心を持つ妖怪人間のベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)は名前の無い男(柄本明)との戦いで、人間になることよりも人間を手助けしていくことを選び、あてもなく放浪していました。そんな彼らは、たどり着いた街で連続して不可解な事件に遭遇します。事件の謎を追う中、ベロはMPL製薬の新薬開発研究者の娘みちる(畠山彩奈)と出会い、恋心を抱きます。

被害者はすべて大手製薬会社MPL製薬の中枢の構成員であり、現場には巨大な爪痕が残されていました。そして、不可解な事件が起きるとなぜかみちるの父親の影があります。その影を追うと、右腕が異形と化した母(観月ありさ)の姿がありました。彼女は製薬会社が発展するための犠牲者となり、憎しみの果てに怪物化した存在でした。みちるの母が自分をコントロール出来なくなり、MPL製薬の関係者を襲っていたのでした。

ラストは観月ありさが巨大な触手妖怪となって、変身したベム・ベラ・ベロとの壮絶な戦いです。ベムは、情けの一撃を妖怪観月ありさに突き刺して、戦いは終わります。しかしながら、正義の味方のはずのベムたちは、みちるとその父親を守るために再び悪者となって人間に嫌われる道を選択します。

感想とうんちく~人間の愚かさ~

製薬会社の社長が、ベムに向かって「人類のためには多少の犠牲はかまわない」という内容を何度か言いますが、これは原作が書かれた高度成長期を反映している印象でした。現代ではあからさまに言葉にするトップはいないように感じました。ただ、言葉にしない分巧妙な手口でより陰湿だったりするときもありそうですが。

対照的にベム・ベラ・ベロが、悪人である製薬会社の社長を救うことの葛藤、目の前の父娘を救うために自分が悪者になることへの躊躇のなさ、アニメではありますが、本当のヒーローをみているようで、心に温かいものを感じます。人間の愚かさと妖怪の人間性の対比が上手に描かれています。

指の数

ベロ役の鈴木福さんは、2004年生まれなので、撮影時は8歳です。にこにこした笑顔が素敵でした。「マルモのおきて」で出演しているときよりも演技が自然で、1年でこんなに成長したんだなあと、感心しました。

妖怪人間の指の数は、3本ですが、映画では5本でした。ここはアニメの中では重要なポイントなので、なんらかの工夫はほしいと感じましたが、細かい点は見なかったことにします。

亀梨和也さんのベムより、柄本明さんの妖怪の方が、アニメの中のベムにフィットしています。ちょっと違和感が残ります。演技は良かったのですが、見てくれはアイドル系の人気俳優ではない方が、ストーリー的には合うと感じました。でも、それ以外の役者さんは最高でした。