「キンパ」の作り方を教える ~母と娘の思い出作り~

娘に料理を教える

来春に就職が決まっている娘がキンパを作ってくれました。(妻の らき子 が書いています)

あれこれとネットでレシピを探して作ってくれました。すごく美味しかったです。

資格試験でこの夏は勉強一本だった娘が試験が終わり、「来春に就職でここを離れるまでの間に、かあちゃんに料理を習う」と言ってくれました。

私は私のお母さんの味を知っていますが、自分ではさじ加減など再現できず、娘たちに継承できませんでした。代わりにいろんなレシピを計量したり、きっちり作って、その中でも美味しかったリピ決定のものだけは時々作り、それがいわゆる「母(私)の味」になっていったという感じでしょうか。

ということで、教えることなど何ひとつありませんが、方針は決まっています。

娘はいろいろな料理のレシピをネットで調べます。どこかで食べた異国の料理や、美味しい和食、スィーツに、なんちゃって外食レシピ・・・ネットにはたくさん出てきます。

それを再現する術を教えたいと思います。

娘が作りたいと探してきたレシピを一緒に作って、気を付けるところ、焼き加減や煮詰め具合、いろいろ、いろいろ・・・

韓国料理にハマっているようで、キンパの次はヤンニョムチキンです。

そして春には自信を持って娘を送り出したいと思います。

キンパのレシピ

焼きのりにゴマ油を薄く塗り、塩をパラパラと振ります、その後少し炙ると最高です ⇒ 韓国のりができます!

ご飯は、軽く酢飯 ご飯に少々の市販の「すし酢」を入れます

巻くものは
焼肉のたれで薄切りの牛肉を焼いたもの
甘味として砂糖を入れた卵焼き
ニンジン・ほうれん草などの野菜のナムル(細切りにして茹でて、すりおろしニンニク、塩、ごま油、すり胡麻をまぶす)

後はのり巻きの要領で巻きます。カットは切れる包丁でしてください。崩れると見た目が悪くなってしまいます。美味しいですよ~!