ノンアルコールビール「龍馬1865」日本ビール

休肝日のため、ダイエットのために、ノンアルコールビールを飲まれる方も多いと思います。私自身も数年前までは、サントリーオールフリー、アサヒドライゼロなどが好みで、よく飲んでいました。でも、この「龍馬1865」に出会ってからは、元には戻れなくなりました。海外のノンアルコールビールは普通にビールを作ってから沸点の差を利用して、アルコールを抜くので、ビールの風味がほぼ残ります。ノンアルコールビール ヴェリタスブロイなどが、日本でも購入できます。ほぼドイツビールといっても良い出来栄えです。でも龍馬1865は日本産のようです・・・。

本場ドイツ麦芽100%

日本ビール 龍馬1865 はドイツ麦芽100%のノンアルコールビールです。日本の法律上ではアルコール度数1%まではノンアルコールという定義になり、龍馬1865は0.000%ですので、ほぼ完全にノンアルコールです。日本ではとられる製造方法は、ビール風の味付けを施して、それっぽくするか、ビールと同じ作り方だけど、発酵を抑えて度数を抑えるの2つが取られるようです。

色も、泡立ちもまさにビールです!

この龍馬1865はどのように製造されているのでしょうか。缶の説明を隈なく読み込みます。販売者:日本ビール株式会社、とありますが、製造者の記載はありません。これはもしやドイツで製造しているのでは?

HPから問い合わせ

ドイツからの輸入ではないかと疑い、日本ビールのHPから問い合わせをしてみました。すると、翌日にはすぐに返事が来ました!

製造場所について ⇒ 日本国内にて製造しています。モルト原料はヨーロッパより輸入しております。
製造方法について ⇒ 製造方法は社外秘となっておりますので、ご容赦ください。他社様のノンアルコールビールと違い、麦芽とホップのみで製造し、一切の添加物は使用しておりません。その為、とてもシンプルな味わいとなっております。

可能な範囲でご返事いただき、誠にありがとうございました。

製造所固有記号とは?

缶の底に「製造所固有記号」が記載している、と見つけます。「NB2J…」、なんじゃこれ?
この番号を消費者庁の「製造所固有記号検索」に入力すれば、製造所が判明すると妻が教えてくれました。そうなんだ・・・。

静岡ジェイエイフーズ株式会社とは?

消費者庁すごい!製造場所は、静岡のジェイエイフーズ株式会社とわかりました。やはり国産でした。

美味しさの秘密は?

美味しさの秘密は、社外秘なのでよくわかりませんが、添加物がなく、純粋さにこだわったことから生じているのではないかと想像しました。下記の成分表の通り、アルコールとプリン体は0ですが、カロリーはそれなりにあります。美味しさにこだわるにはカロリーは妥協する、ということですね。それでも低いほうですが。ちなみに一般的なビールは 100ml当たり40-42 kcalです。

プリン体、アルコールは0ですが、カロリーは0ではありません。

この数年愛飲している龍馬1865のことを少し調べてみました。日本産なのに、ドイツ製のノンアルコールビールよりも私は好きです。正直に申しますと、私の中では、サッポロ黒ラベル > エビスビール > 龍馬1865 > その他のビール > 発泡酒 の順番です。味単体では、ビールと互角、と感じる人も多いのではないかと思います。お試しください。