映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」2018年 ~人間にとっての究極の愛~

CMの予告動画だけで泣けるという映画があると、奥さんに教えてもらい興味を持ちました。主演は太賀さんで、映画「ビリギャル」にも出演していた吉田羊さんもメインキャストで登場です。まずは、予告を見ます。かなりヤバいです・・・。あまり期待すると裏切られるのですが、やはり期待しながら鑑賞することになりました。

母からの冷たい仕打ち

タイジは、幼いころから美しい母・光子のことが大好きです。しかし、光子はタイジを妊娠中に夫が浮気をして家庭を顧みなくなったことからタイジに辛く当たります。母からの虐待に耐えかねたタイジは、17歳で家出します。

社会人として一人前になったタイジ。そんな中で、母・光子から、再婚した相手が死亡したので、葬式に来てほしいと頼まれます。葬式の後、母親からは冷たい言葉を投げられ、自分の母への思いは一人芝居であったことに気づき、絶望します。

感想とうんちく

裏切られた夫を思い出してしまう子供(タイジ)の存在は、光子にとって憎い存在に見えてしまうこともなんとなく理解できます。一方で、タイジからすれば愛する母親が、自分とは関係のない要素で自分を嫌いになる理由が理解できません(少なくとも子供のころは)。

子供のころはタイジを支える婆ちゃん(職場の職員)の存在があり、大人になってからは、かけがえのない友人の存在があります。人間は真面目に生きていれば、必ず手を差し伸べる存在が出現することに勇気をもらえます。婆ちゃんが、死ぬ前になんとかタイジを精神的に立ち直らせようとし、タイジがその言葉で立ち直ろうとするシーンが感動的で、見ている者の心を締め付けます。

最後タイジと光子が理解しあうところでは、裏切った夫の姿はなく、純粋な母と子の関係に戻ります。ハッピーエンドで最高の締めくくりでした。

日本の映画でここまで感動したのは久しぶりでした。この感動を文字でお伝えするのはなかなか難しいです。ぜひ、ご鑑賞ください。