映画「オリエント急行殺人事件」2017年 ~名探偵の解決法~

2017年のアメリカ合衆国のミステリー映画です。監督・主演はケネス・ブラナーです。本作は1934年にアガサ・クリスティが発表した小説『オリエント急行の殺人』を原作としています。高校時代の英語のS先生が、英語の勉強をするにはアガサ・クリスティの原作を読みなさいと何度も指導されましたが、結局一冊も読みませんでした。ごめんなさい。その先生の言葉を思い出しながら、鑑賞しました。

名探偵ポアロ

名探偵のポアロは、イスタンブール発カレー(フランス)行きのオリエント急行に乗ろうとしますが、まさかの満員です。しかしながら、客の一人が来ないことにより無理やり乗り込みます。

オリエント急行に乗り合わせていた大富豪ラチェットが身の危険を感じ、ポアロに護衛してほしいと依頼しますが、ポアロはその依頼を断ります。その日の深夜に、オリエント急行の車内でラチェットが殺害されます。ポアロは直観と丹念な推理で事件の真相を暴きます。しかし、衝撃の真相を前にしてポアロは悩みます。

*オリエント急行とは西ヨーロッパとバルカン半島を結ぶ豪華夜行列車の総称です。

感想

一見つながりのない登場人物が、推理が進むに従いそのつながりが明らかになっていく展開が、視聴者の頭の中を大きく揺さぶります。最後を知ってみるとそのための伏線がいくつかあることに気づきます(2回観ました!)。内容的には、日本の1時間ドラマ10話分くらいの展開が含まれていました。満足感は充分です。

機微考察

観賞1回目は吹き替えで鑑賞しました。字幕だと、画像の見落としが多くなり、推理に集中できないからです。2回目は字幕で鑑賞しました。推理に集中しても、どんどんとその推理が外れていくことで眠気も吹き飛びます。推理が外れるのは視聴者とポアロが同時に裏切られていく展開が視聴者を飽きさせません。最終的なストーリーの展開に無理がない点も好感が持てます。そしてその展開に全く気が付かなかった自分が少し悔しくなります。

車窓から見る風景、列車から降りたときの駅の風景は、とても美しく、1カット1カットが1枚の完成された絵画のようでした。最終的には、なんとなくの勧善懲悪の結末にも少し安心させられます。楽しめました。