映画「私の中のあなた」2009年 ~究極の母子愛~

年末・年始の休暇に入る前に、奥さんから推薦映画をいくつかリストしてもらいました。その一つが「私の中のあなた」2009年アメリカの映画です。あらすじに「私の命はオーダーメイド。姉を救うために生まれた」とありました。いつか見た「わたしを離さないで」と同様の気が重くなる映画をイメージしました。

今回取り上げる「私の中のあなた」と、以前鑑賞した「わたしを離さないで」を比較するために、まず後者の紹介を少しだけ・・・。

映画「わたしを離さないで」について

「わたしを離さないで」はカズオ・イシグロが2005年に発表した小説を原作として映画(2010年英国)で、人間が病気になった際に、そのダメになった臓器を移植するために「臓器提供用の人間」を養殖するという話です。

「国立提供者プログラム」にて養殖される人間側から見た映画です。ある程度の年齢になると一つ一つの臓器を、移植のために摘出されます。数回提出されると「終了(死亡)」します。臓器提供を得る側と臓器提供のために養殖される側の同じ人間が違うのかということを描きます。

観ていて、なんとも心に引っかかる映画でした。いろいろなことを考えさせる映画で、原作のイシグロさんがノーベル平和賞を受けたことも納得できました。

映画「私の中のあなた」について

この映画「私の中のあなた」は、原作はジョディ・ピコーの小説です。キャメロン・ディアスが出演するので、非人道的な映画ではないと予測していましたが、予測通り「わたしを離さないで」とは全く異なる展開です!

アナ・フィッツジェラルドの姉ケイトは2歳のとき、白血病を患います。ドナーを必要とするケイトのために、受精卵の段階で遺伝子選択を行い、ケイトの移植のために生まれてきたのがアナでした。

アナが産まれてすぐ臍帯血移植が行われます。しかし、その後もケイトが輸血や骨髄移植などを必要とするたびに、アナは犠牲を強いられます。アナが13歳のときに、ケイトは腎不全になり、腎臓移植が助かる唯一の道となります。ところがアナは提供を拒み、辣腕弁護士キャンベルを雇い、両親を相手取って訴訟を起こします。

感想と感動のシーン

ケイトがまだ小さな頃、化学療法のために髪の毛がなくなってしまったケイトが外出を嫌がります。そんなケイトをみて、サラが自分も髪の毛を切って、ハゲになって一緒に外出します。大きな大きな母親の愛を描いており、涙を誘います。子供が同じ状況ならば自分も同じことをするか、と考えるシーンでした。

最後の和解シーンで、「ケイトを助けるために異常といえるほどの拘りを持つ母親のサラ」と「生きること自体が辛いと感じるほどの病状のケイト」、この2人の心のやり取りが丁寧に演出されています。和解の日の夜にケイトは世を去ります。

機微考察 ~真実の愛がもたらすもの~

家族愛に満ちた映画でした。悲しい結末でしたが、その結末が家族全員の将来に良い影響を与えたことを描いて映画は終わります。完成度の高い感動の名作でした。

表面上はいろいろとぶつかるところがありますが、心の奥では心が繋がっています。その繋がりが理解できると、登場人物全員が愛おしく感じます。現実の世界でも、心から相手を思いやることができているのであれば、相手を愛おしく感じます!

原作の結末は、少し異なるようです。事故にあったアナが脳死状態となり、ケイトに腎臓は移植され、ケイトは奇跡的に回復するという展開のようです。