1 障害等級の認定方法

(1) 2つ以上の障害が重複する場合の障害等級は、重複する障害の合計指数に応じて、次により認定します。

合計指数   認定等級
18 ~ ・・・・・1級
11~17 ・・・・・2級
7~10 ・・・・・3級
4~6・・・・・・4級
2~3・・・・・・5級
~1・・・・・・6級

(2) 合計指数の算定方法

合計指数は、次の等級別指数表により各々の障害の該当する等級の指数を合計したものとします。

障害等級   指数
1級・・・・・・18
2級・・・・・・11
3級・・・・・・7
4級・・・・・・4
5級・・・・・・2
6級・・・・・・1
7級・・・・・・0.5

2 認定上の留意事項

(1) 音声機能障害、言語機能障害及びそしゃく機能障害の重複については1の認定方法を適用しません。

(2) 体幹機能障害と下肢機能障害は原則として1の認定方法を適用してさしつかえませんが、例えば、神経麻痺で起立困難なもの等については体幹及び下肢の機能障害として重複認定すべきではなく、体幹又は下肢の単独の障害として認定します。

(3) 聴覚障害と音声・言語機能障害が重複する場合は、1の認定方法を適用してさしつかえありません。

例えば、聴力レベル100dB以上の聴覚障害(2級指数11)と音声・言語機能の喪失(3級指数7)の障害が重複する場合は1級(合計指数18)とします。

(4) 7級の障害は、等級別指数を0.5とし、6級以上の障害と同様に取り扱って合計指数を算定します。

⇒ 病気と支援サービス
⇒ HOME