簡単で、美味しい「ガトーショコラ」のレシピ

子供の頃は、チョコレートはチョコレートのまま食べるのが好きで、ケーキはイチゴのショートケーキが大好きでした。40歳を越えたころからチョコレートを使ったスイーツが好きになりました。GODIVAのチョコレートドリンクなどには目がありません。

ガトーショコラのレシピ

ガトーショコラも大好きです。でも作るのは面倒という方がほとんどではないでしょうか。「世界一作りやすい おうちスイーツ」(kafemaru、KADOKAWA)を読みました。これは簡単!作ってみようというモチベーションが上がります。

でも簡単なのは良いけど、何か物足りないのでは?、と疑ってしまいます。ネットでのレシピを複数確認します。ふむふむ。今回はさらに本屋さんに行ったついでに、他の書籍のガトーショコラレシピも確認します。

自分の感覚も含めて美味しく、簡単に作るには「アーモンドプードル*」が重要なのではないかと、気づきました。

*アーモンドプードルとは、アーモンドのパウダーです。プードル(poudre、フランス語)=パウダー(powder、英語)です。

材料調達!

アーモンドプードルは、スーパーに売っている 35g のものを利用します。大量に入れるとさすがにしつこくなると予測し、一般的なレシピより少なめにします(本当は、余っても自分には使い道がないという理由がメインです)。

材料
アーモンドパウダー 35g
チョコレート 板チョコ4枚(204g)
生クリーム 100ml
卵M 2個
薄力粉 9g
グラニュー糖 8g のみです

作り方
①オーブンを170℃に予熱スタート
②小さめの鍋に、生クリーム 100mlを入れ、沸かします。
③沸いたら加熱をやめて小さく割ったチョコレートを全部投入し、混ぜます。
④その後、グラニュー糖も入れて、混ぜます。
⑤混ざったら、溶いた卵を2回に分けて加えながら、よく混ぜます。
薄力粉を茶こしでふるい入れ、混ぜます。

薄力粉は”だま”が入らないようにふるい入れます。

⑦型に生地を入れて、170℃で22分焼きます。これだけです!型は以前ブラウニーを作ったときと同じ 18×18×5cmの大きさを使用しました。

型から取り出して、冷まします。

しっとり香り豊かに完成しました!

翌朝、家族で完成品を頂きました。

コーヒーとペアリングしました!

焼き面がサクサクとした食感が残り、内面はしっとりとしています。「アーモンドプードルは、クッキーのサクサク感を増し、ケーキのしっとり感を産みだす」と言われています。このサクサク感としっとり感のコントラストはアーモンドプードルの効果が大きいと感じました。

甘さはほんのりで、小さなカット2~3個が食後のデザートにはちょうど良さそうです(全部で28個にカットしました)。

奥さんからは甘さが上品でいくつも食べてしまう、との感想でした。レシピを知らない娘からは、「アーモンド香りがして風味豊か」とのコメントもありました。