ライムの花を眺めながら・・・

2020年は新型コロナウイルスで始まり、4月29日ゴールデンウィーク前半の現在においても、自宅で過ごす時間が増えました。お変わりなくお過ごしでしょうか。芸能人、スポーツ選手が、元気がでるメッセージをたくさん発信していることをニュースで知りました。自分にもなにかできないかと考え、ブログを始めることにしました。

新型コロナウイルス騒動に限らず、人生には辛いこと、悲しいことが多くありますが、一度きりの人生ですので、少しでも「明るく、楽しく、前向きに」、そして人にためになれればと考えております。

写真は、タヒチライムの花です。可憐な花です。実が成ったら、コロナビールに入れて飲みたいです!台木はカラタチですので、病害には強いはずです。ちなみにコロナビールの生産国であるメキシコでは、小ぶりのメキシカンライムを使いますが、日本では入手のハードルが高いので、タヒチライムで代用します。

メキシカンライムは小ぶりで皮が薄いために、輸入には適しません(冷凍物の輸入品をときどき見かけます)。この品種は熱帯地域でようやく栽培が可能なので、日本では栽培が困難です(沖縄の一部のみで可能)。一方で、タヒチライムは耐寒性(5℃以上)があり、九州南部・沖縄では露地栽培可能です。香りはメキシカンライムの方がやや強い印象ですが、タヒチライムは種が少ない型が多く、ビールに入る種が少なくてすっきり飲めるというメリットもあります!更には大柄でメキシカンライムよりも安いです。良い面に着眼しながら、楽しくコロナビールが飲みたいですね。