綾町の照葉大吊橋 ~ユネスコエコパークの中で~

宮崎県綾町の照葉樹林は日本最大級の広さ(1335 ha)を誇り、2012年にはユネスコエコパークに登録されました。照葉樹林帯に架かる歩道大吊橋は絶景ポイントとして有名です。晴れた日曜日(2021年2月21日)に初めて訪れました。

ユネスコエコパークとは

ユネスコエコパークは「生物圏保存地域」を示し、生態系の保全と持続可能な利活用の調和(自然と人間社会の共生)を目的として、ユネスコが開始しました。ユネスコの自然科学セクターで実施される「人間と生物圏計画」における一事業として実施されています。 

日本のユネスコエコパークは、1980年に登録された「志賀高原」(長野県、群馬県)、「白山」(石川県、岐阜県、富山県、福井県)、「大台ヶ原・大峯山・大杉谷」(奈良県、三重県)、「屋久島・口永良部島」(鹿児島県) 、2012年に登録の宮崎県「綾」、2014年に登録「只見」(福島県)、「南アルプス」(山梨県、長野県、静岡県)、2017年に登録「祖母・傾・大崩」(宮崎県、大分県)、「みなかみ」(群馬県、新潟県)及び2019年に登録「甲武信」(山梨県、埼玉県、長野県、東京都)の10か所があります。

料金350円を払い、国定公園の中に入ります。晴れていたこともあり、てかてかと元気な照葉樹の葉がとても綺麗です!

照葉樹の葉が太陽の光を照り返します

綾のユネスコエコパークの特徴は、照葉樹林帯の北限に位置し、多くの日本固有種があることです。

照葉大吊橋

綾の照葉大吊橋は、1984年に完成しました。壮大な照葉樹の森を上から鑑賞するために作られました!歩く吊橋では世界最大で、250mの長さを誇ります。

足元は、下の景観が見えるように格子状になっています

景観が眺めやすいように、下の板が格子状になっていたりといろいろと工夫されています。ただ、その分高さを実感できてしまいます。高所恐怖症の方は通行できません。奥さんを含め数割の人が途中で引き返しているようでした。

壮大な照葉樹林が広がります

照葉樹林文化館

園内に文化館がありました。照葉樹林についての解説などが展示されています。

照葉樹林は豊かな食文化の一つだったようです。ツバキや山茶花の実で油を搾り、カシの実の豆腐、イモ類の水さらし、茶、納豆、麹雑穀など、独特の食文化を育みました。

実の油を搾って食用などにしていました

千尋の滝(せんびろのたき)

大吊橋からの帰り道に、「千尋の滝」があります。滝マニアのひじきは、目ざとく小さな看板を見つけました。車を降りてみると「滝まで30m」の看板があります。

途中の道です。短い距離ですが、やや険しい山路です。

滝を目指します。50mほどの距離を実感しましたが、すぐに滝が見えます。誰もいない空間で滝の音だけが響きます。心が洗われます。

動画はこちら

晴れた日の半日観光でしたが、とても美しい景観に大満足でした。近くにこんなに素晴らしいところがあることに新たな発見でした。

帰りには通常通り「手作りほんものセンター」に立ち寄り帰路につきました。

照葉樹林と青空