「話し方で 好かれる人 嫌われる人」野口敏

宴会などで会話をしていると、たまに妙な間ができたりします。そんなときに余計なことを言ってしまい、なんとなくこれは嫌われたかもしれない、と感じることが何度かありました。会話をしていると、この人と一緒に食事をしてみたい、この人とは距離を置きたい、という感覚が生まれてきます。可能であれば、相手からwelcomeな感情を持ってほしいと思っています。

本屋にて

コロナの影響で、休日は読書に励むことが多いです。普段はアマゾンか楽天で書物はオーダーするのですが、この日は近くの本屋まで散歩しました。そういえば先日の宴会で、失言から「ちょっと嫌われたかも・・」と感じていた私には輝く題名が本棚にありました。「話し方で 好かれる人 嫌われる人」(王様文庫)!

サブタイトルには「運がよくなる会話ルール」。これはいいね、と思い早速購入しました。たったの700円で人生が変わるかも、と期待しながら。

「こだま」の法則

「情けは人のためならず」と似ています。会話の中で、自分が相手に送った気持ちは、自分自身にも「こだま」のように戻ってきます。だからこそ、いつでも「優しく喜びに満ちた気持ち」で周囲の人に接するように心がけます。

大切なのは、自分が相手にどんな気持ちを送ったかなので、相手からそっけない態度で対応されたとしても気にしません。著者が強く勧めているのは「アイコンタクト」と「気持ちがほぐれる言葉」で、相手を思いやる気持ちのこもった挨拶です。

会話を弾ませる

相手の話を聞いているときは「よい反応を示す」ことに意識を集中させます。言葉を発した人が相手に求めているのは、「自分の話に対する反応」であって「聞き手の話」ではありません。

私自身も、相手の話を聞いているときに、(途中で遮ることはなくても)終わったとたんに「良い反応を示す」ことなく、自分の話を繰り広げた経験があります。「相手がわかってほしい気持ちはなんだろう」と想像しながら、真剣に話を聞きます。そして、「へ~、それは楽しみだねえ!」と相手の気持ちを引き出す反応がお勧めとのことです。

ハイビスカスの花、「きれい」です。人間相手にも、良い点を見つけて言葉で褒めます!

自分の感情をオープンにする

話が上手な人は自分の感情をオープンにします。自分の心がオープンになれば、相手の心もオープンになりやすいからです。また、他人に話してもいいと思える話題の幅を自分で狭めてしまうと、自分と相手の間に大きな壁を築くことになります。相手に実害のない話題ならば、なんでも大丈夫という心がけで大丈夫なのかもしれません。

会話が上手な人は「自分の格好悪いところ」「いい加減な部分」を話の中でうまくオープンにしています。どこか抜けている方が、相手に安心感を与えます。また、人間性も伝わります。そう考えてみると、誰かの失敗談よりも、自分の小さな失敗談のほうが周囲が気持ちよく盛り上がった経験があります。

最後に

前向きな言葉の重要性が強調されています。「素晴らしい」「素敵です」、更には相手の良い点に気づいたら、それに対して照れることなく、言葉に出して褒めます。

この週末は、遠方にバスで出張でした。行き、帰りのバスの中で、楽しく読むことができました。なるほどと感じることばかりでした。一気には無理なのかもしれませんが、少しずつ実践してみたいです。「好かれる人」になれますように!