本家「たかしま」高鍋町

身内の祝い事で、高鍋町の本家たかしまに行きました。たかしまは高鍋町にある牡蠣料理で有名な料理店です。しかしながらまだ牡蠣のシーズン(11月以降)ではなく、更には台風10号の影響で今年の牡蠣シーズンは例年よりも遅くなると予測されています。そこで今回は伊勢海老メインの料理です。伊勢海老は年に1度の贅沢となんとなく決めておりましたが、今年は2回目の贅沢です。

集合時間より少し早く店に到着すると、道路から壮大な海が広がります。まずは、ちょっくら散歩します。

夕方の海ですが、誰もおらず、平和な雰囲気を感じます。

店に入ると、豪快な伊勢海老が私たちを待っていました。こっこっ、これはすごい!

色が2匹で全く異なり、夫婦伊勢海老を演出したのでしょうか。

生臭さを全く感じることのない、新鮮な伊勢海老です。美味しくいただきます。

鯛の船盛です。九州の白身魚は新鮮です。

鯛の刺身も頂きます。九州地方の刺身は海が近いこともあり、新鮮さで勝負することが多いです。そのためか、醤油はダシを含めて、少し甘めのものが似合います。もちろん、たかしまでもやや甘めの醤油でワサビを効かせて食べると最高です。

焼いた伊勢海老です。塩のみのさっぱりとした味付けで伊勢海老本来の味を引き出します。

焼いた伊勢海老は、磯の香がして、伊勢海老のバーベキューを食べている気分です。他にも定番のお味噌汁もいただき、大満足です。

ペアリングのお酒は、ビールだけではなく、やはり日本酒がほしくなります。何があるかをお店の人に聞いてみると、とうこう、という懐かしい響きです。そうです山形県米沢市の小嶋総本店「東光」がありました。もちろん純米酒です。しっかりとした味わいの東光を、冷やでいただくと、刺身(特に鯛)の風味のコントラストが明確になり、両者の相乗効果が満喫できました。

美味しい料理とお酒を楽しく頂きました。ご馳走様でした!