純米酒のお店「燗番ベース」宮崎市

宮崎で飲み屋に行くと、お酒=焼酎 です。たまに日本酒があったとしても、回転が悪いためか、ほんのり酸っぱくなっていたりします。そのために、小瓶で粋な日本酒があるとそれだけでとても嬉しくなります。そんな宮崎にとうとう本格的な純米酒のお店ができました!

純米酒と発酵料理の店「燗番ベース」

「燗番(かんばん)ベース」(宮崎市上野町TEL 0985-74-5511)が10月13日、宮崎市の繁華街にオープンしました。場所はクラフトビール専門店、「ビアマーケットベース」の跡地です。「純米酒の魅力を宮崎の人にも知ってほしい」と、県内の飲食店で修行を積んだ店主の山元明菜さんと、中野彩花さんの2人がオープンしました。店名に入っている「燗番」とは、お酒の温度を見ながらお燗(かん)をつける人のことを「お燗番」と呼ぶことから取ったといいます。

オープンしたばかりの店なので、予約して訪れました。

小さな看板なので、よく見ないと見落とします

上原浩さんとの関係

純米酒と熱燗で、食中酒としての日本酒の位置づけを強調していたので、上原浩氏と関係するのではと思っていましたが、店主の山元さんは、間接的に上原浩氏の教えをいただいたとのことでした。

カンパチ刺身 ミツル醤油のもろみ添え と 上原浩氏のお猪口

お刺身、神亀酒造の酒粕を使用した酒粕ソーセージなど料理も純米酒との相性が良く美味しかったです。

豊富な純米酒メニュー ~お勧め温度付き~

日本酒のメニューは、もちろん純米酒のみです。それぞれの純米酒に飲み頃の温度を考慮して、お勧めが記載してあるのが嬉しいです。例えば、「夏子の酒」の作者である尾瀬あきら氏が命名したという「るみ子の酒」は、冷酒もしくはぬる燗がお勧めで、別の純米酒は熱燗がお勧めだったりします。

飲み物のメニューです

にごり酒「ちかっぱ にごり」は冷と熱燗の両者を頂きましたが、全く異なる香りに驚きました。

山形県の「鯉川」も熱燗で頂きました

奥さんと2人で何種類も、お勧めの温度で頂き、大満足の宴でした。ご馳走様でした。

お忙しい中、いろいろと純米酒のレクチャーをしていただきありがとうございました!感謝です!