ウィーン名菓「ザッハトルテ」

ウィーン生まれのザッハトルテの由来はご存知でしょうか。1832年にフランツ・ザッハ―が考案したデザートです。数年前にウィーンに行く機会があり、少し時間が取れましたので、ホテル・ザッハーに行きました。そして当たり前のようにザッハトルテを頼みました。

日本人と異なり、欧米人は甘さに強いので、欧米のデザートは非常に甘いものが多いです。そう覚悟してはいましたが、由緒正しいホテル・ザッハ―のザッハトルテは如何に!

ヨーロッパらしく、エスプレッソと併せてオーダーします。運ばれてきたものは写真のように上品なたたずまいです。クリームも芸術作品のように添えてあり、200年前のウィーンにタイムスリップした気分です。ブラームスやブルックリンが隣でコーヒーを飲んでいるのではないかと幻想をいだきます(全く根拠はありません)。

上品に一口いただきます。上面のチョコレートの下にはうっすらとジャムの層があります。これはおそらくアプリコットなのでしょう。程よい甘さとウィーンの草原を想像させる杏の香りがなんとも言えません♥、と想像しました。

しかしながら、現実は厳しいです。甘い、甘い、とにかく甘い。ちょっと食べるとエスプレッソを飲む。ちょっと食べると口の中が甘さでただれそうな気分になります。横に添えてあるクリームが普通の甘さで少し救われます。エスプレッソではなく、量の多いコーヒーにすれば良かった。

数か月後、NHKが誇る料理番組「グレーテルのかまど」にてザッハトルテの作り方がありました。甘くて苦い思い出ですが、もう一度食べてみたくなりました。近くのケーキ屋さんで購入し、食べてみると程よい甘さでとても美味しいです。ウィーンでの思い出話をネタに家族で、明るく、楽しく、美味しく、頂きました。私には海外のオリジナルよりも、日本人向けにアレンジされたものが良かったです。

to 美味しい食べ物
to HOME