フランス料理 at ベル・エポック 宮崎

身内で祝い事があり、宮崎県立美術館近くのフランス料理店ベル・エポックに行きました。最近は、ベル・エポック系列の持ち帰りを利用することが多かったのですが、今回はお店を訪れました。ランチコースのミストラル(2600円、税別)を予めオーダーしました。

ベル・エポック Belle Epoque とは

フランス語で、Belleは「可愛い」、Epoqueは「時間」という意味ですが、Belle Epoqueは「よき時代」という意味になるようです。

温かいサーモンのサラダ

前菜として、温かいサーモンのサラダです。野菜は冷たく、サーモンは温かく、食材の香りと味が生かせる温度になっています。ドレッシングは、ベーコンとクルミのソースで、サーモンのスモークとレモンの酸味がマッチします。

メイン料理 ~魚と肉~

まと鯛のポワレ ~キノコソースで~

「マトダイ」は左右の体側中央辺りに白く縁どられた黒い円状の斑紋が目立ち、これが弓を射る時の的(まと)に見えるからとされ漢字で「的鯛」と書きます。西欧では癖のない至極上品な白身魚で、ムニエルの代表魚です。秋から冬までが旬になります。上品な脂とキノコの風味が最高です。

牛タンシチュー ~赤ワイン煮込み~

まさにメインの一品です。赤ワインと牛肉が、コクの深い味わいを作っています。スプーンのようなナイフで簡単にカットできるほどの柔らかさです。あまりの美味しさにギャルソンの方に、喜びを伝えると「この料理は持ち帰りメニューがとても人気で、レストランでも提供するようになりました」と説明されました。わかる気がします。

デザート

バニラ風味のパンナコッタ黒蜜かけ、スフレチーズケーキ、カシスアイス

デザートは、パンナコッタ、ケーキ、アイスです。パンナコッタはイタリア発祥の洋風デザートですが、これと和菓子の黒蜜の合わせ技が新鮮な感覚を生み出します。そして最後にホットコーヒーとともに心と体を落ち着かせます。

たまにの贅沢でしたが、とても優雅なランチタイムを過ごせました。ご馳走様でした。